路上での電動自転車ライダーのための安全ガイド

路上での電動自転車ライダーのための安全ガイド

路上で電動自転車に乗ることは、健康のためにできる最善の方法の XNUMX つです。 自転車は長年にわたって人気のある移動手段でした。 自転車はかつて、高速都市間移動の最も一般的な形態でした。 電動自転車は、アクティブなライフスタイルを維持し、目的地に迅速かつ効率的に到達したいと考えている個人の移動手段として人気を集めています。

 

電動自転車に乗るのは楽しいものですが、常に安全を最優先することを忘れないでください。 電動自転車の安全上の注意事項のほとんどは、通常の自転車と同じです。 ただし、事故が発生するため、電動自転車のライダーは常に警戒する必要があります。 そのため、交通をナビゲートし、ロードライディングのスキルを向上させるのに役立つ安全なサイクリングのヒントがたくさんあります.

 

これらの電動自転車の安全ガイドラインを心に留めておくことで、より自信を持って乗ることができ、路上での怪我を防ぐことができます.


頭を保護するためにヘルメットを着用する


ライダーの安全に関するこのアドバイスは常識ですが、多くの人はまだそれに従っていません。 頭を保護せずに電動自転車で街を走るのは無謀です。 長年にわたる自転車事故の統計によると、ライダーがヘルメットを着用していない事故では、頭部外傷や死亡の可能性が高くなります。 冬の寒さは、従来の自転車用ヘルメットまたは取り外し可能なバイザー付きのフルフェイス ヘルメットで乗り切ることができます。

 

怪我の防止と完全な保護のために、手袋、靴、膝と肘のパッドも着用する必要があります。


あなたの光をつけて

 

ほとんどの致命的な電動自転車の衝突は夜間に発生します。 太陽が沈むとき、どうやって身を守るのですか? 電動自転車の前面と背面に、少なくとも XNUMX つの赤と白の点滅する LED ライトを配置します。 さらに良いことに、それぞれの倍数を配置します。 さらに良いのは、ヘルメットにライトを追加することです。 スポークライトも秀逸。 夜間の視認性を向上させるものは何でも、車にひかれる可能性を大幅に減らします。

 

自転車のクラクションを使う


電動自転車にはベルとホーンが必要です。 クラクションは車に警告するために使用でき、歩行者にはベルで警告することができます。
素晴らしい Shengmilo 自転車ホーンなどの自転車ホーンが必要です。 これらのことは、多くのノイズを発生させます。 混雑した場所での走行が多い場合は、エアホーンが不可欠であることがわかります。 対向車が合流しそうになったり、前に出てきたりしたら、エアホーンで警告します。

 

道路の右側を保ち、スムーズに運転し、道路に逆らわないでください。


これは当然のことのように聞こえますが、後ろから車が近づいてくるのを確認できるように、後ろから運転するのが最善だと多くの人が考えています。 しかし、このような自転車の追突事故は、他の自転車事故に比べて非常にまれです。 私が読んだ調査によると、この種の追突事故は自転車事故全体のわずか 2% にすぎません。

 

統計的には、道路を走っていてあなたの姿が見えない車に轢かれる可能性がはるかに高くなります。 トラフィックに反対するのではなく、トラフィックに合わせることを主張します。

 


道路の右側を常にスムーズに運転する


後ろからの衝突を避けるために後ろ向きに乗って対向車を見ることを主張する人もいますが、これは間違っています。 ただし、追突事故は、他のタイプの電動自転車の事故と比較して非常にまれです。 調査によると、このような追突事故は自転車事故全体のわずか 2% にすぎません。

 

ドライバーが逆走していて、あなたの姿が見えない場合は、ひかれる可能性がはるかに高くなります。 交通と戦う代わりに、同じ方向に固執してください。 できるだけ右にドライブします。 通常、高速道路には自転車レーンがありません。 できる限り全員の安全を確保するために、全員が列の最前線に行く必要があります。 その道路では、スピードを出しすぎると、他の車のアクセルがあなたを対向車に「引きずり込み」、事故を引き起こす可能性があります.

 

自転車レーンでのサイクリング


電動自転車に乗っていて、掲示されている速度制限についていける場合は、右側を走行してください。 多くの都市中心部やビジネス地区では時速 25 km の制限速度が設定されていますが、渋滞が発生するピーク時にはこれよりもずっと遅くなることがよくあります。 車の近くを走るときは、縁石にくっついてぶつかる危険を冒すのではなく、みんなから見える車線を走りましょう。

 

さらに、運転者は、道路の脇にいるライダーを無視して、道路の真ん中で対向車を探すだけになる傾向があります。 迅速な回避操作を行う必要がある場合に操作する余地が増え、縁石との距離が広がります。


車両の重心を車線内に保ちます。 自転車レーンのない道路では、他の車と同じ速度で走らなければなりません。 通常は、道路の片側に乗るかもしれませんが、低速で渋滞している場合は、戦術を変更する必要があります。 交通量の少ない車線の中央を走る。 これにより、他のドライバーからの視認性が向上し、XNUMX 台の車両に挟まれる可能性が低くなります。


安全な距離を保つ


安全な車間距離を維持することは、ドライバー、ライダー、または歩行者が交通に入るときに最初に行う最も重要なステップです。 車両間の安全な車間距離を維持することの重要性は、数多くの研究で示されています。 この緩衝地帯により、適切な防御手段を実装できます。 渋滞では機敏で、不測の事態に迅速に対応できなければなりません。 他の車、歩行者、道路の障害物との安全な車間距離を維持できないと、事故につながる可能性があります。 これは、交通に入るときに安全な距離を維持することの重要性を強調しています。 常に車両から少なくとも XNUMX フィートの距離を保ってください。 乗車中は、歩道の端や縁石から安全な距離を保ってください。

 

死角を避ける


トラックやバスなどの大型車は、方向転換時に視界が遮られることがあります。 事故を避けるために、このことを理解する必要があります。 最善の行動は、これらの大型車両から安全な距離を保ち、同時に方向転換を避けることです。 運転手がバックミラーであなたを見ることができるように、常にあなたの前の車の左側に乗ってください。


車のドアに注意


電動自転車の事故の XNUMX 番目に多い原因は、ドアが開いていることです。 そのため、縦列駐車車両の追い越しには細心の注意が必要です。 左側の位置を保持し、距離を XNUMX フィート増やします。 通過するときは、立ち入り禁止区域にいる人に注意してください。 彼らのすべての動きを観察して、いつドアを開けそうなのかを判断し、それに応じて行動してください。 車両のトランクと後部座席を確認してください。

 

隣に駐車している車の運転手がドアを開けたときに発生する恐ろしい「ドア スラム」を防ぎます。 低速では、これらの問題は電動自転車にとって厄介で危険な場合がありますが、高速では致命的になる可能性があります.


あなたの目に触れる

 

電動自転車に乗るときは、常に周囲に気を配ることも重要です。 交差点に近づくときは、対向車と直接アイコンタクトを取りましょう。 自転車事故の多くはここで発生しています。 ドライバーがあなたが近くにいることを常に認識できるように、常に注意を払ってください。

 

交差点での自転車と車の衝突事故は、運転者が自分のことを見ていないことにライダーが気づかないために多く発生しています。 ドライバーがあなたを見ていることを確認したい場合は、ドライバーとアイコンタクトを取りましょう。 自転車や電動自転車で交差点を通過するときは、他のドライバーに警告することが特に重要です。

 

酔っ払いに注意


週末、特に金曜と土曜の夜は特に注意が必要です。 酩酊は今がピークです。 晴れた火曜日の午後と金曜日の夜に、運転手はあたかも最初の酔っぱらいが彼らを殺す賞金が彼らの頭の上にぶら下がっているかのように無謀に行動することができます.

 

ここでは、毎日の通勤をより簡単に、より楽しくするための、便利で安全なサイクリングのヒントをいくつかご紹介します。 渋滞は都市部でよくある問題で、特に誰もが通勤しようとするピーク時間帯によく見られます。 この騒ぎの中で、問題が発生する可能性があります。 これらの予防措置が重要になるのは、乾燥した天候だけではありません。 雨天はリスクを高めます。

 

ライダーのクラッシュはよくあることですが、次のガイドラインに従うことで怪我を防ぐことができます。 サイクリング中は安全を確保し、常にヘルメットを着用してください。 イベントで要求され、服装が許す場合は、手袋と膝パッドを着用することができます。


コメントを書く

コメントは、公開前に承認される必要があります。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの 個人情報保護方針 および 利用規約 が適用されます。